ましログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましログ ― mashilog

意識低い大学生・真柴によるブログ。略して「ましログ」。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンを見ての感想 ― After I Watched the Movie "Catch Me If You Can"

更新したかったのに、ここ二日完全に疲れてていつの間にか寝てしまっていた……。

危うく三日坊主になりかけたけれど、ここで挽回します!

 

今日は映画!『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』というアメリカを舞台にした映画の感想をシェアします。

 

この映画は、実は60年代に起きた詐欺事件に取材したもので、話の内容としては、天才詐欺師の主人公とそれを追う刑事の物語。それだけ書いてしまうとなんだか単純で拍子抜けだけれど、主人公の過去を知るとなんともやりきれない気持ちになる。

 

主人公が詐欺師になるきっかけは両親の離婚。さらに母親が父の友人と再婚が重なり、最終的に主人公は、誕生日のプレゼントとして小切手帳をプレゼントしてくれた父を一層慕うようになる。

 

そして、父が苦労している様子を見てきた主人公は、なんとかして父の名誉を回復し、父に孝行することができないかと考える。

 

そこで思いついたのが小切手詐欺。主人公はパイロットや医師、そして弁護士になりすまし、小切手を使う。もちろん機材をそろえて偽装も行う。

 

驚いたのは、本当に働いていたということ。

 

何の資格も免許もないただの青年が、本当に医師として働き、そして個室まで持っていたということだ。

 

映画では、緊急のオペに呼び出されたときには、助手に「君はどうすればいいと思う?」と聞いてみて答えさせる。そして、その答えに対して「それで進めたまえ」と言うだけで、物事が上手く進んでしまうのだ。

 

まあ、確かに知識の浅い主人公よりは遥かに、助手の言葉の方が頼りにはなるのだが。

 

「そんな手もあったのか、なるほど。」と思ってしまうようなことも多い映画だったし、主人公の周りの人が制服や顔で全てを信じ込む様子をみて、こうも人は外見や地位に影響されやすいものなのかという驚きもあった。

 

自分は日頃、人を外見や地位で判断していないか、と考えたとき、やはりそういう類のものを容易く信じてしまっているように思う。

 

例えば、偉人の言葉は全てが真のように聴こえる。時代が違って、住んでいる土地も違うのに、すべてにおいて偉人の言葉が当てはまるかのように考えている節がありはしないか。

 

この映画は単にストーリーを楽しむだけでなく、自分の無意識を問い直すのに良い機会を提供してくれる。

 

ストーリーとしては、オチも完璧だった。

 

最近の映画は、オチのいまいち腑に落ちないものが多いが、この映画のオチに関しては納得できたし、そのような結果に落ち着いて良かったとさえ思える。

 

是非映画本編で、納得のエンディングを体験してほしい。

 

These days, I was really tired and I could not write articles, but I managed to write this article finally.By the way, I would like to introduce a movie to you. The title is "Catch Me If You Can." I watched this movie and it was great, so I want to share may thoughts.This movie is based on the real case. And it is a story of a trickster and a police officer who want to arrest him.The good point of this movie is that we can look back over the past. It means this movie ask me like "Have you judged people by their appearances or by their status?" because, in this movie, people think that a trickster is really a pilot, a doctor, and a lawyer to see him waring the uniform or his appearance.This movie means a lot to me, I think. Of course it is interesting enough not to think of that kind of things. But it becomes more meaningful if you think of why this kind of scam could be. Bye for now.

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]

 
Catch Me If You Can: The True Story of a Real Fake

Catch Me If You Can: The True Story of a Real Fake

 
世界をだました男 Catch Me If You Can (新潮文庫)

世界をだました男 Catch Me If You Can (新潮文庫)

  • 作者: フランクアバネイル,スタンレディング,Frank W. Abagnale,Stan Redding,佐々田雅子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 文庫
  • 購入: 4人 クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る